2017/03/17

「3.16全国いっせい行動」を力に、要求実現にむけて引き続き頑張ろう!



昨日、全労連の統一行動に呼応して、「福祉保育労 17 春闘 3.16全国いっせい行動」に取り組みました。
「福祉労働者の大幅な増員と賃金などの処遇改善」「安全保障関連法(戦争法)の廃止、憲法改悪反対」を要求に掲げ、全国の仲間が力をあわせ政府や厚労省などに迫りました。

年度末の忙しい時期でもあり、どれだけの運動ができるのか不安でしたが、全国的には7地方組織、84職場で637人がストライキを実施しました。
ストに入れなかった職場でも、職場宣伝・集会、アピール採択、ファックス要請などに取り組みました。

京都地本は残念ながらスト実施には至りませんでした。
しかし、メイン行動としての京都市役所前でのアピール集会をはじめ、各職場で創意工夫を凝らし、関係者や市民の方々に要求や実態を訴えることができました。

福祉労働者の生の声や要求を広く訴えられたことは大きな成果でした。
また、夜の報告集会では「とりくんでよかった。元気になった」「この間、組合活動ができてなかったが、久しぶりに組合の存在をアピールできた」「この取り組みを機に、学習を深めようとの声が出された」「園長や保護者から頑張れと激励された」など、次につながる感想が多く出され、参加者の確信につながりました。

市役所前の集会には70名ほどが集まりました。
組合員以外に12の労組・団体が激励に駆けつけてくださり、そのうちのいくつかから熱いメッセージをいただきました。
それぞれの労組・団体が、福祉労働者の処遇改善を自らの要求と位置づけ集会に参加くださたことを力に、引き続き頑張ります!
京都総評をはじめとする関係労組・団体のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

法人理事長や施設長からの賛同は現在15組織からいただいています。
ありがとうございました。

行動に参加したすべての分会を紹介できていませんが、現時点で作成した動画をご覧ください。


中央本部の取り組みがニュースで放映されました。
いつまで盛られるかわかりませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿