2016/12/16

青いとり保育園「不当解雇」裁判の傍聴・ご支援ありがとうございました。


12月13日、京都地裁大法廷において、青いとり保育園「不当解雇」裁判の第8回口頭弁論が行われました。傍聴には、200名を超える方が駆けつけてくださり、裁判所にむけても大きなアピールとなりました。本当にありがとうございました。

原告6名の内3名が代表して証人尋問にたちました。すべての陳述のキーワードは「こどもをまんなかにした保育」でした。保育者は、経験・実践を重ねながらこどもをまんなかに、職員集団も大切にした保育をしてきたんだということを具体的な事例もあげて裁判所、そして、被告に再度訴えました。

一方被告の証人は、京都市・市立病院の代表として出てきているにもかかわらず、「わからない」の繰り返し。あげくのはてに被告側の弁護士は原告に対し、「質の高い保育の保障にはコストがかかるという思いはなかったのか?」と問いました。それに対し「こどもの保育に“コスト”という概念はない!」と元園長の原告が言いきったことで、私たち傍聴席にいたものは心から「そうだ!」と思いました。

せっかく仕事を調整して駆けつけてくださったのに、法廷に入りれなかった皆さんも沢山おられ、申し訳ありませんでした。証人尋問終了後、5000筆以上の署名を第二次分として提出しました。

次回、第9回の口頭弁論は、2017年2月1日水曜日の午前11時30分からです。署名とともに、引き続きのご支援よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿