2016/03/30

憲法違反の戦争法廃止を! 戦争法施行にあたり組合員に訴えます


福祉保育労京都地本・京都医労連は、戦争法施行にあたり組合員に訴えます。
憲法違反の戦争法廃止を学習会・署名・宣伝に取り組みましょう。

 本日、午前0時に憲法違反の戦争法(安保法)が施行されました。これにより、他国軍への後方支援など、自衛隊の活動は、世界中で可能となり、駆けつけ警護などにより、日本人が「戦争」で他人を殺すということが可能になりました。

 私たちは、この戦争法が戦争放棄を掲げた憲法9条に違反すること、これまでの内閣が維持してきた「専守防衛」を転換するものであることを厳しく批判し、いのちを守る医療・介護・保育・福祉労働者は戦争法に反対であると運動に取り組んできました。昨年から取り組んできた戦争法廃止に向けた取り組みは、戦争法反対の世論を大きく広げています。そして、法律が成立した後も、運動は継続、拡大しています。

 そして、私たちの声が、野党共闘を実現させ、2月19日には、野党が共同で「戦争法廃止法案」が提出されました。参議院選挙にむけた野党共闘は、宮城、青森、長野、徳島・高知、宮崎、熊本、沖縄の7人の統一候補に広がっています。憲法、立憲主義・民主主義に違反する、戦争法を廃案にする動きです。

 職場で、地域で、さらに大きな運動を広げ、戦争法廃止を実現するために、学習・宣伝に取り組みましょう。特に、提起されている「戦争法廃止を求める2000万人統一署名」に取り組みましょう。憲法と平和・民主主義を守るために力をあわせましょう!


         2016年3月29日
         全国福祉保育労働組合京都地方本部執行委員長 前田鉄雄
         京都医療労働組合連合会執行委員長      松本隆浩

2016/03/03

青いとり保育園守る会ニュースNo.12


今朝、定例の京都市役所前宣伝を行いました。
原告のひとりである元職員も裁判勝利に向けての決意を訴えました。

宣伝で配ったニュースは下記のとおりです。
ニュースでは、裁判の現段階での争点を紹介するとともに、2月22日のNHK「クローズアップ現代」で取り上げられた青いとり保育園問題への感想なども記載しました。

クローズアップ現代「広がる“労働破壊” 公共サービスの担い手に何が」
こちらをクリックください。