2015/05/27

市役所前で訴えました!

昨年度から通年議会となった京都市議会の5月市会が開かれています。
自治体要求連絡会は、代表質問が行われるのにあわせて、市役所前で早朝宣伝を行いました。
福祉保育労からは、保育種別協議会の荒堀副議長が青いとり保育園の現状・保育施策の充実を訴えました。

発言要旨)京都市政がかかげる「京プラン」「京都未来まちづくりプラン」による民間保育園のプール制の解体、そして「民間はコストが低いから」といった理由での、公立保育所の民間移管、「経験年数と高いスキルは一致しない」とまで言い切り、一方的なコスト論で改悪を進めてきました。

京都市は「公的責任は今後も果たしていく」「こどもの安心と安全が最優先」と述べていますが、それを担保する条件である人的環境の保障については真逆の市政です。民間移管では移管先決定後は各園でのやりとりの中で移管が進められています。引き継ぐ内容やその期間などが十分検討されないままに次々移管をしているため、移管先では混乱やしんどさを抱える保育士もいます。「コスト削減」のために子どもや保護者にとっての日常を一方的に変え、負担を強いることは本当に「子育て日本一」の京都市がすることでしょうか。

昨年発生した市内の二つの民間保育園での保育事故に対する京都市の特別監査報告では、事故の背景に職員の高い離職率があったことを指摘しています。保育の専門性を発揮するためにも、働き続けられる環境整備はまさに行政の責任です。保育園における子どもの発達保障や、保護者の安心よりも、コスト論で福祉や保育の現場を見ることは大きな間違いです。 京都の保育を、職員集団で支えてきた、現場で働く職員の努力や経験を否定する考え方を、断じて許すことができません。

 昨年、上京区で保育中にプールで一人の子どもの命が奪われています。その件での園や京都市の対応に不誠実さを感じました。今年も暑くなってきてプールが始まります。マニュアルを作成し指導や監視、注意の仕方は市からおりてきていますが、園の工夫や意識だけでそれができる程、保育の現場に余裕があると京都市は思っているのでしょうか。

今でも精一杯ケガや事故が起こらないように子どもたちが安心して過ごせるように神経をすり減らし保育しています。もちろん事故が起こらないような努力をしていくことは園や保育士にとってなくてはならないことですが今以上に仕事量や責任だけがのしかかり、今後保育を続けていくことへの不安は増すばかりです。マニュアルだけでは保育はできません。豊かな保育経験を重ねた人手が必要です。そのためには保育士を続けられる地盤も必要です。私たちは、未来を生きるこどもたちのために頑張ります!

0 件のコメント:

コメントを投稿