2015/02/27

青いとり保育園 保育と職員の雇用を守る緊急集会

 2月25日、ラボール京都のホールいっぱい250名の参加で緊急集会が開かれました。

この問題の中心は、今回の委託契約の中に、雇用や労働条件の継承を条件としなかったために、新事業者に参入したアートチャイルドケア社の好き勝手を許していることです。事業者が変わっても雇用は維持する条件で契約を結ぶ例は少なくありません。ましてや、人が人を相手にする福祉・保育の事業委託ではなおさらです。
子どもたちの成長を保障する「保育の質」を確保してきたのは、まぎれもなく保育の現場で働く職員です。建物と保育士の数が揃っていれば、保育の質が守られるものではありません。
この点においても、この状況をゆるしてきた委託発注者としての市立病院、病院設置者としての京都市の責任は重大です。

集会では、保育園で働く職員、そして保護者から、怒りと不安の訴えがされました。
同じ保育の現場で働く参加者も、自分たちが培ってきた今日までの保育を全面否定する京都市・市立病院の姿勢に怒り、青いとりのなかまたちの発言に涙して聞き入りました。
集会後のアピールデモにも、引き続きたくさんの方が残ってくださり、市立病院まで『京都市・市立病院は雇用に責任を持て!』と、怒りを声にして歩きました。



0 件のコメント:

コメントを投稿