2014/11/03

こどもたちによりよい保育を‼︎11.3大集会に京都からも参加

子どもたちのために声を上げるのは今‼︎国と自治体にみんなの声を届けよう!…と、日比谷野外音楽堂に全国から3000人が集まり、京都からも17名、福祉保育労からは5名が参加しました。
「赤ちゃんの急死を考える会」の方の「誰がわるかったのか…ではなく、何が悪かったのか…を追求するのが、行政の仕事」…との言葉にそうそうとうなずき、「あきらめずに他都市の状況を聴き、学びながら闘うことが大切」との発言に元気をもらい、「99%の反対でも反映できないことはある」と開きなおり、公立保育所の今後のあり方に関する基本方針」を通してしまった京都市に対して、保育園で働くものとしてあきらめずに声をあげていく必要があると改めて学びました。

0 件のコメント:

コメントを投稿