2014/09/22

子ども子育て支援新制度学習会Part2

京都華頂大学の西川由紀子先生を招いて、今だからこそ自分たちが大事にしてきたことを、再確認し、「保育の専門性」を自信をもって語れるように…と学習会を開催しました。
運動会にむけての準備や、懇談会が重なる中40人が参加。
学習会の最後に西川先生が「みなさん頑張りすぎじゃないですか?私が皆さんに思うのは、働き続けてほしいということ。労働時間は8時間ときまっているんですよ!休まないと続かないです。保育は50歳からが面白いという人もいます。皆さんもそうあってほしい…」と言ってくださったメッセージに参加者一同胸を熱くしました。

<参加者の感想より…>
★認定こども園になったら…具体的なこどもの姿も見えて、実際一緒になった時のリアルな現場の問題点が見えてよかったです。先生からのメッセージもうれしいです。歴史については保育園のルーツをたどれば、最初から教育をするための施設として誕生したことが感動でした。
★西川先生の話される一言一言が、心に響きました。保育園・保育士にとっての大切なことを今伝えてもらえたことが良かったです。京都市の新制度の説明DVDを見ておかしい!と思っていたことを先生が、根拠ある筋の通った話で教育・養護があっての保育園という話を聞かせてもらい、この話をしっかり周りに伝えて、声を上げる必要があると思いました。また、「かみつきはかみつか(過密化)が原因」の話も聞けてよかったです。
★職場の中では、「どうなっていくんやろう」と不安を持ちつつ、仕事をしています。園長の不安とは違うものだと思います。自分たちが大切にしてきたこと、これまでやってきた事に誇りをもちたいと自信が持てました。微力ですがみんなに伝えていきたいと思っています。

「しかたがない」とあきらめないで、一人ひとりが声を出して大きな声にしていくこと…
学んだことを自分たちの言葉で、まわりの人に伝えていくこと…
学んで感じた憤りを、広く多くの人に伝えてアピールすること…
それぞれができることをを見つけて動き出したら、大きな力になると確信して引き続き頑張りましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿