2013/12/09

秘密保護法案強行採決とプログラム法案成立に強く抗議する

福祉保育労京都地本は、京都医労連と共同で下記の声明を発表し、安倍首相に抗議を申し入れました。

憲法違反の秘密保護法強行採決と日本の社会保障を崩壊させるプログラム法案成立に強く抗議する

 12月6日深夜に自民党・公明党は、特定秘密保護法を強行採決した。多くの国民が法律の内容に不安や反対の表明をしているにもかかわらず、数の力で押し切った与党の暴力的国会運営を激しく糾弾する。また、自由主義社会において、最も大切にされなければならない表現の自由・取材の自由を規制するこの法律は、憲法に違反するものである。そして、日本版NSCの創設と秘密保護法の先は、憲法の改正である。安倍内閣の目標が、日本を戦争できる国に作り替えることにあることが明確になった。安倍内閣は、戦後、最も危険な内閣であると言わざるを得ない。私たちは、この法律の廃止を強く求める。なお、マスコミ各位には、法律に臆することなく、国民の知る権利を保障するために、いっそう強い「ペン」であることを期待する。

 さらに、社会保障制度の改悪日程である社会保障プログラム法が5日に成立した。日本の医療や福祉・保育を財政の下に置き、「自己責任原理」=権利としての社会保障を否定する一体改革法と、それを推し進めようとするプログラム法に反対する。
 私たちは、これらの憲法に違反し、日本の進路を危うくする法律を成立させた与党に強く抗議し、廃案を求めて取り組みをいっそう進めることを表明する。

                2013年12月7日
   
                  京都医療労働組合連合会
                  執行委員長 松本 隆浩

                  全国福祉保育労働組合京都地方本部
                  執行委員長 前田 鉄雄

0 件のコメント:

コメントを投稿