2013/10/16

公的保育を守るのはいつ?今でしょ!全国リレー宣伝

2015年4月に施行が予定されている「子ども・子育て支援新制度」は、契約制度の導入、企業参入、利用の上限設定などにより、現行の公的保育制度を大きく後退させてしまいます。その結果、保育の商品化の流れが加速し、子どもの人権や発達、保護者の就労権保障が脅かされてしまいます。

新制度の実施阻止と公的保育制度を守るため、福祉保育労保育部会は、全国リレー宣伝を行い、新制度の問題点を世論に訴えています。

京都は10/21(月)〜26(土)で街頭宣伝行動を予定しています。
保育職場の仲間はもちろんのこと、他の種別の仲間も職場近くの宣伝に多数参加くださいますようお願いいたします。










PDFはこちら


「子ども・子育て支援新制度」の問題点は、保育制度の解体を許さず保育の公的保障の拡充を求める大運動実行委員会が作成したビラを参考にしてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿