2013/03/27

非正規部会確立に向けて一歩踏み出そう

昨年の11月から2ケ月毎に開催したきた「非正規しゃべり場」も3月26日で3回目を開催しました。3分会8名の参加で新年度を迎えるにあたっての状況交流や非正規としての思いなどを語り合いました。

「今の保育園で3年目を迎え新年度も継続できるかどうか不安だったが残れたが、他の保育園に異動あり、全体としては職員数も減り厳しくなる」「非正規4年になり、やっと4月からは正規になれるがこれからも非正規労働者の処遇改善に関わって行きたい」「昨年の7月から今の保育園に来ている。前は正規だったが事情があって辞めが母子家庭もあり生活が厳しい。正規になりたいが年齢も高くて難しい」「非正規で13年目を迎えている。募集をするがなかなかなり手がなくて派遣保育士が2人も来ていた」「4年目を迎える。4月からは夜間保育担当になるがもう一人が誰になるかわからないので不安である」「前の保育園も含めると非正規で26年近くになる。今まで3回正規採用試験を受けたがいずれも不採用だった。時給が6年までしか上がらないのでずっと頭打ち。前はダブルワークをしていて休みもなかった」「2年目になる。夜間保育担当で最後の鍵閉めもしていたが、4月からは夜間保育がなくなり1歳担任になる」

参加があった3つの保育園の間でも給与や休暇、残業の付け方などで違いがあり、ひとつひとつの問題で驚きがあったり、歓声があがったり、「それはおかしい」と言い合ったりする場面もあり、今回も非正規しゃべり場は大変盛り上がりました。

書記局から、非正規しゃべり場を発展させて非正規部会を確立することや非正規実態アンケートなどの提案についても、「しゃべり場だけでは事態は改善出来ない。職場だけでは改善出来ないこともあり京都市に物申したい」「アンケートを通じて未組織の実態や思いを把握して、正規の組合員にも知ってもらい組織拡大につなげていきたい」「私が役員にならないといけませんか?」など前向きな建設的な意見が出されました。そして、7月を目途の非正規部会の結成を目指すことが概ね確認されました。

次回は5月17日(金)に非正規アンケートの質問項目を各自持ち寄って参加することを確認して「しゃべり場」パート3はお開きとなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿