2012/11/28

非正規の思い大いに語る―非正規しゃべり場

11月27日、「非正規大しゃべり場」を開催して5分会12名の参加で、あらぐさ分会の「3年雇い止めをストップ」した経験を聞いたあとに、みんなで大いにしゃべり合いました。

簡単な自己紹介のあと、あらぐさ分会の谷川分会長より、1昨年から取り組んできた「非正規3年雇い止め」を分会で議論したり、学習する中で非正規が半数を占める職場で非正規が居ないと保育が廻らない。非正規の働き続けたい思いを大事にして法人や園長と粘り強く話し合い、不充分な点はあるが、機械的な3年雇い止めをストップさせた経験が熱く語られました。教訓は、非正規自身がしっかりと声を上げることと正規がその事に耳を傾け、本気に立ち向かう事が大切と強調されました。

その後、参加者から日頃感じている事を出し合いました。「非正規同士の話し合いなら本音が出るが、正規が入ると遠慮して本音が出ない」「クラスによって非正規の位置付けが違う」「運動会の時に正規と非正規ではTシャツの色が違ってショックだった」「夜間の保育を非正規だけでやっているが、何かあった時に不安」「時給なので出勤が少ない月は給与が減る。月給制を求めたい」「子ども人数によって来年度も働けるか不安、継続できるのか出来ないのかを早くはっきりさせて欲しい」「自分は継続して働き続けられたが、その事で他の非正規が残れなかったと思うと辛い」など等、まさに非正規の本音が語られ、終了予定時間をオーバーして交流しました。

次回は、来年度の体制も判明しだす1月29日に開催する予定です。
多くの非正規の仲間、正規の仲間の参加をお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿