2012/11/19

「高齢者福祉に働く仲間の全国交流集会」に参加しました。


11月17日〜18日、新潟で開催された「第19回高齢者福祉に働く仲間の全国交流集会」に参加しました。
全体で約70名の参加がありました。

1日目は、全国高齢種別協議会総会、記念講演、特別講座、夕食交流会がありました。

種別総会では、京都地本高齢種別の取り組みについて発言しました。

記念講演は、新潟お笑い集団NAMARA代表・江口歩さん。
テーマは、「笑いとコミュニケーション」。
江口さんは、「こわれ者の祭典」(病気の体験発表&パフォーマンスイベント)を企画している方で、表現はやや過激でしたが、面白く考えさせられるお話でした。

特別講座は、中央本部副執行委員長・清水俊朗さん。
「社会保障と税の一体改革と介護の商品化、介護労働の現状」と題して、情勢について詳しく話されました。

夕食交流会では、ビンゴゲームで、「バスセンターのカレー」を頂きました。

2日目は、分科会「在宅生活を支える」に参加しました。
京都市の地域包括支援センターの現状と課題について、レポート提案をしました。地域でのネットワークづくりを進める一方で、行政へ公的責任を求める取り組みも必要と、話し合いました。

(地本執行委員:おおけん)

0 件のコメント:

コメントを投稿