2012/10/31

京都市社会福祉審議会に参加して

10月30日、京都市社会福祉審議会に委員として1年振りに参加しました。
冒頭、門川市長の聞きたくもない挨拶のあと、二つの議題が市長から社会福祉審議会に諮問されました。
一つは、京都市リハビリテーション行政の在り方ともう一つは、敬老乗車券のあり方でいずれも個別の専門分科会のメンバーで集中して議論してその内容をまた、社会福祉審議会に答申されるらしい。しかし、要するに、京都市リハビリテーション施設の民間委託、敬老乗車証の有料化が狙われているのである。「京プラン」に象徴される住民に対する更なる負担押し付けのお先棒を社会福祉審議会が担ぐことのないようの監視の目を光らせないといけないと思った。

その後、事務方である京都市保健福祉局から「市営保育所の今後のあり方」が報告された。何のことはない現在、淡々と進められている市内3ヶ所の市営保育所の民間移管の事後報告だった。
私は、この問題に対して見過ごすわけにいかないと思い「こんな重要な問題が何故、社会福祉審議会の了承もなく進められるのか?」と勇気を奮って質問した。
それに対して、久保保健福祉部長は「これは、社会福祉審議会に諮問した内容ではなく、京都市の責任で進めているものである。今後は、社会福祉審議会にも報告していく」と回答。ようするに、今回の市営保育所の民間委託は京都市の主導(門川市長の肝いり)で進められていることが明らかなった。

0 件のコメント:

コメントを投稿