2012/06/22

2012/06/13

国会議員要請行動、中央公聴会の傍聴に行ってきました!


貧困問題研究会のご案内

京都保育運動連絡会会長で京都華頂大学教授の藤井伸生さんから、「貧困問題研究会」のご案内がありました。

第289回目を数える歴史がある研究会です。「貧困」があらためて社会問題になる今日。興味ある方は、ぜひご参加ください。

報告者の磯野さんは、福祉保育労京都地本の元組合員さんです。

日時:6月16日(土)18:30~

報告者:静岡福祉医療専門学校 磯野 博氏
「障害年金の今後のあり方に関する考察~社会手当化を視野に入れて~」

会場:京都華頂大学5号館4F 第1会議室
電話:075−551−1188(代表)

京都市営地下鉄東西線「東山」下車②番出口より徒歩4分
京阪「三条」より徒歩8分/阪急「河原町」より徒歩13分 

京都華頂大学までのアクセスマップ
キャンパスの案内

2012/06/11

「青年労働組合講座」のお誘い

【組合青年部の皆さんへ】
2012年7月28日(土)、29日(日)に横浜市で「青年労働組合講座」が開催されます。

詳しくは、組合員のページで紹介しています。
こちらからどうぞ

2012/06/09

「社会保障・税一体改革」法案の廃案を求めて国会議員要請を強めよう!

消費税の大増税、子ども・子育て新システム関連法案の審議が、衆議院の「社会保障と税の一体改革に関する特別委員会」においてすすんでいます。

自民党、公明党は、民主党から働きかけがあった法案に関する「修正協議」に応じることを決め、15日をめどに3党合意を図り、それを国会に押し付けようとしています。あわせて、法案採択のための中央公聴会を6月12日、13日に開催することを決めました。これは、3党による密室での協議を国会審議の上に置くものであり、議会制民主主義の点からも断じて許す訳にはいきません。

消費税増税に関しては、どんな世論調査でも、国民の半数以上が反対しています。この結果は、多くの国民の苦しい生活実態を反映したものです。また、格差と貧困が大きな問題になっている中、低所得者ほど負担が大きい消費税の増税は、より一層格差と貧困を広げることになります。

国民の増税反対の願いや、苦しい生活実態を無視した3党の談合を許さず、消費税の大増税、子ども・子育て新システム関連法案廃案にむけて大きく声を上げていきましょう!

福祉保育労京都地本としては、「社会保障と税の一体改革に関する特別委員会」の委員で、京都選出の衆議院議員に要請FAX行動を行うことにしました。

組合員の皆さんはもちろんのこと、このブログをご覧になった多くの皆さんが、要請行動にご参加いただきますようお願いいたします。

京都選出の委員
伊吹文明衆議院議員(自民党)
議員会館FAX番号 03-3502-5382

竹内譲衆議院議員(公明党)
議員会館FAX番号 03-3508-3353

豊田潤多郎衆議院議員(新党きずな)
議員会館FAX番号 03-3508-3818

要請文のひな形
「消費税増税はしないでください。保育・子育てを産業化し、子どもを儲けの対象にする『子ども・子育て新システム』関連法案は撤回してください」

以下、【組合員の皆さんへ】

「新システム反対の国会請願署名」は6月11日(月)までに地本書記局へ届けてください。

6月12日の中央公聴会で新システム関連法案の意見陳述と質疑が行われます。それに合わせて、地本からも議員要請行動と公聴会の傍聴に参加したいと思います。

平日ですが参加できる方は、6月11日(月)昼までに地本書記局にご連絡ください。

当日は、京都駅に9時頃に集合していきます。(交通費は全額地本負担)


2012/06/07

メンタルヘルス学習会を開催

心身不調を訴える仲間のいない職場をめざし
労働組合もメンタル対策に取り組んで組織拡大強化を!!!

 6月6日夜に福祉保育総合センター会議室で、春闘の連続学習会の第1回「福祉労働者のメンタルヘルス」を行い、メンタルサポート京都の山村隆常務理事(元京都自治労連委員長)を講師にたっぷり学びました。

 福祉や医療など、緊張感に常にさらされる現場ほどメンタル対策が必要、こういう問題にも労働組合は積極的に取り組んでほしい、「福祉保育労にぜひ頑張ってほしい」と山村さんから期待の言葉が。

 今後も第2回「原発視察ツアー」、第3回「ジェンダーと福祉労働」を企画中です。みなさんぜひご参加ください。

 「福祉労働者のメンタルヘルス」のレジュメはこちらから。

 今後、支部・分会などで学習会をされる場合は、メンタルサポート京都にご相談ください。
 電話:075-801-8051 HPはこちらへ

2012/06/06

シェーナウの想い~自然エネルギー社会を 子どもたちに~を上映します。

2012年6月9日(土)19:00から60分間の上映です。
場所は京都福祉保育総合センター 3F 地図はこちら

20時から開催する地本委員会の前に、脱原発に向けての学習を深める目的でDVDを上映します。

組合員の方はもちろん、組合員以外の方のご参加も歓迎します。
ぜひお越し下さい。

この映画は、ドイツ南西部、黒い森の中にある小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民よる市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。
(「自然エネルギー社会をめざすネットワーク」のHPより)

シェーナウの想いの紹介はこちらから

2012/06/05

「週三新聞」最新号をお届けします。


第十号をアップします。
pdf版はこちらへ

※「週三新聞」とは
 新システム関連法案の撤回を京都選出の衆参議員に週三回訴えることを目的に、「週三新聞」を届ける運動を展開しています。新聞の発行は、「子ども・子育て新システムに反対する京都の会」です。

「組織拡大月間」ニュースNo.5ができました。


組合員のみなさんへ

5月の「組織拡大月間」は大変ご苦労さまでした。
新しいニュースができましたので、ご覧ください。

「組織拡大月間ニュース」No.5はこちです。

2012/06/04

ふうせんパレードに200名が参加!風船兄弟も来たよ!

「ふくらまそう子ども達の未来を!ふきとばそう子ども・子育て新システム」の思いをひとつに、6月3日「ふうせんパレード」が開催され、保護者や子ども、保育園の関係者など200名が三条大橋西詰めに集まり、パレードを行いました。

10時半から鴨川の河川敷で主催者の訴えや、保育園長、保護者、保育士からのリレートークなどを行い、新システム廃案への思いを固め合った後、パレードへ出発しました。



パレードの様子は「子ども・子育て新システムに反対する京都の会」のHPをご覧下さい。
こちらから

パレードの先頭を歩いたクマくん?
今日も、いけどんバンドが大活躍
風船兄弟の楽しいパフォーマンス
見事!ふうせんの中に